[WAVE1.0][JP] 量子コンピュータ耐性

2019-08-06T14:55:55+00:00

量子コンピュータ耐性

 

 

ブロックチェーンで使用されるハッシュ関数は、ランダムな繰り返しを通じて、特定のハッシュを逆に見つけることができます。

ただし、このような検索方法は、沢山の時間が必要となります。

量子コンピュータはとてつもない速い演算を行います。それは、ハッシュ関数を使用するシステムへの脅威であることには間違いありません。

しかし、量子コンピュータがいくら高速で処理しても、データの変化のためにブロックチェーンシステム全体が脅かされることはしばらくの間起こらないと予測しています。

特にキューブチェーンの場合には、一般的なブロックチェーンに比べて、より強固なハッシュ技術を使用します。

キューブチェーンでは、4つのハッシュアルゴリズムを使用しており、これを3つのチェーンで接続し、合計55回のハッシュ関数を使用して、1つのキューブを作成します。

速い速度でいくつかのハッシュを解読したとしても、55回のコースをすべて解読する事は容易ではありません。

さらに一つの方式を4回解く事と4つの方法をそれぞれ1回ずつ解く事は、繰り返し回数という面では同じですが、解く時間は非常に差があります。

このような構造により、キューブチェーンは、既存のブロックチェーンに比べてセキュリティが高く、さらにブロックのパターンの関係やパターンの種類と4種類の異なるアルゴリズムにより難易度を高めています。

ただランダムな繰り返しを通しハッシュ関数を解く場合、キューブチェーンは、既存のブロックチェーンに比べて時間的にも、難易度的複雑さも、かなり困難なプロセスであります。

したがって、量子コンピュータが出現しても、他のブロックチェーンよりも安全性の面でも、かなり優れており、他のブロックチェーンや社会的なエコシステムが脅威を受ける時こそが、キューブチェーンの真価が発揮される時であります。

Official Site     : http://cubechain.io

YouTube          : https://www.youtube.com/channel/UCYDEC2HP8oVRXuKsAeUtrLA

Telegram         : https://t.me/cubechain

Facebook         : https://www.facebook.com/cubechain

Twitter             : https://www.twitter.com/cube_chain

Github:            https://github.com/cubechainofficial/CubeChain

Medium:         https://medium.com/@cubechainio