[Announcement][JP] エアベッド&ブレックファスト、パスポート情報の流出、果たして私の情報は安全であるか?

2019-08-06T15:11:49+00:00

 

エアベッド&ブレックファスト、パスポート情報の露出、Googleと互いに責任転嫁はすでに予見された事態であるかも知れません。

 

個人情報がろ過なしでインターネットポータルに公開される事件が再び起きました。エアベッド&ブレックファストを利用する際、本人認証のためにアップロードしたパスポート、身分証明書の写真がそのまま、Googleに検索されて話題になっています。エアベッド&ブレックファストコリア側は、Googleで検索することができるアイテムに利用者が身分証明書の写真を誤って掲載したことだと解明をし、Googleの独自のサーバーで別々に保管をするからだと明らかにした。これに対して、Google側エアベッド&ブレックファストは、主要な情報の検索を防いで置かなかった反論であり、最終的には企業は協議の末に関する身分証明書の写真を削除しました。エアベッド&ブレックファストの事例だけでなく、他の個人情報流出事件でわかるように、個人情報をサーバーに上げるのは非常に不安なことではないかと思います。

もしユーザーがあるサービスを利用する際、暗号化されたブロックチェーンから認証を受け、個人情報を使用する場合のみ、システムでノードとして使用するシステムを利用すれば、個人情報のハッキングを最小限に抑えることができるでしょう。ハッシュ値に基づいて認証を受けると、機密情報がそのまま露出される危険性が少なくなります。もしユーザーがあるサービスを利用する際、暗号化されたブロックチェーンから認証を受けてサービスを接続する際に利用する場合は、個人情報のハッキングを最小限に抑えることが出来ると思います。

キューブチェーンのSignONEログインシステムSecurity Login System(SLS)はユーザーが1回の登録プロセスを実行すると、ブロックチェーンに基づいてユーザーのハッシュ認証情報を使用して、サードパーティのサービスに別途作業なしでログインとユーザー認証を行うことができようにするサービスです。SignONEは指紋、虹彩などの生体情報の連動を介して安全性と信頼性を追加します。SignONEサービスで生成された一つのIDは、キューブチェーンサービスグループとSignONEを利用しようとするすべてのサービスプロバイダのサービスで利用が可能です。

Save to Cube Chain.

4つのハッシュアルゴリズムと3つのチェーンで繋いで、総55回のハッシュ関数を使用して、1つのキューブを作り出すキューブチェーン。サーバーに保存する個人情報が危険であることを知りながら利用すべきツールではなく、私の個人情報を安全にハッシュ化して、キューブチェーンに入れて利用して、ブロックチェーンの生態系を利用する報酬としてキューブチェーンコインも受けることができている場合、これはまさに一石二鳥ではないでしょうか?