[WAVE1.0][JP] キューブチェーンTestNet公開CubeScanに確認しましょう!

2019-08-06T11:48:07+00:00

Cube Chain Test Net Launching!キューブチェーンテストネットを公開します!

キューブチェーンTestNet公開CubeScanに確認しましょう!

 

こんにちは。キューブチェーンチームです。

ブロックチェーンプラットフォーム「キューブチェーン」がいよいよテストネットを公開します。

 

テストネットは、メインネット環境と同じ条件でブロックチェーンの開発環境をテストして見ることができる用途に使用されます。これは、メインネットに行く前の独立したブロックチェーンの生態系を構成を準備することに意義を置くことができます。

テストネットオープンで開発者の十分なテストを経て、技術的検証と安定化されたシステムが定着されると、これは成功したメインネットリリースにつながります。 Githubでキューブチェーンコアテストネットバージョン確認のようにオープンされているキューブスキャンベータ版では、実際に起こるキューブ作成の現状とトランザクションの状況を一目で確認することができます。

 

今までキューブチェーンをホワイトペーパーのみでしたが、

実際にキューブチェーンが実装されている様子をhttp://testnet.cubescan.ioで確認することができます。

 

[Tease Video Clip for Cube Chain Test Net]

 

Cubescan beta(http://testnet.cubescan.io)サイトは、キューブチェーンに記録されたすべての情報を一目で確認できるようにまとめておいたExplorerサイトです。

 

ここでは、キューブとブロックの生成状況、詳細情報、ブロック採掘者情報、実際のキューブチェーン財布間に起こった振替取引履歴と金額と手数料等の取引情報とキューブチェーンに基づいて生成されたトークンとトークンの取引履歴などを見るすることができます。

 

[キューブチェーンテストネットの概要]

合意アルゴリズム:POH(POW+ POS Hybrid)

ブロックの作成タイム:約33秒(平均生成目標)

開発言語:Go language

Homepage:https://cubescan.io

Explorer(Beta):http://testnet.cubescan.io

Github:https://github.com/cubechainofficial/CubeChain

 

[キューブスキャンメインページ]

 

キューブチェーンは24種類のデータブロックと△インデックスブロック(Indexing Block)△統計ブロック(Statistics Block)△エスクローブロック(Escrow Block)などの特殊なブロックを1つのキューブに作り接続する新しいブロックチェーンプラットフォームです。キューブスキャンでは、これらのキューブチェーンのみの特殊な開発の構造を一目で把握する良いように構成されています。

 

キューブ別詳細とその中に含まれている24個のデータブロックと3つの特殊なブロックのハッシュ情報と移転、次のキューブのハッシュ値、モクルルート、キューブサイズ、作成時間、マイナー、キューブに含まれているトランザクションの数と取引量、補償方式と報酬などの情報を把握することができます。キューブに含まれている27個のブロックのハッシュ値をクリックすると、ブロックの情報とブロックに含まれている取引の詳細も確認することができます。

 

トランザクションは、財布や財布との間の取引情報を盛り込んだデータでキューブチェーンテストネットを介して、実際の移動された取引履歴を表示しています。取引が成る時、送金者の情報、金額、手数料などを調べることができます。

 

特定の財布がどのような取引をしたのか疑問であれば、財布アドレスをクリックして確認することができます。トランザクション情報とそのアドレスの残高は、毎日出来高をブロックチェーンに記録されたまま示すので、ブロックチェーンの特徴である脱集中をよく見せてくれる部分とすることができます。

[キューブスキャンキューブ詳細ページ]

 

キューブチェーンの合意構造方式はPOHにPOWとPOSのHybrid方式で構成されています。

 

POW方式の採掘は、GPUまたはキューブチェーンで開発されたAsic方式のQ10で採掘して、ブロックとキューブを採掘したマイナーに補償を支給してくれます。POS方式はProof of State方式で、今後オープンされるキューブウォレットでPOSの参加が可能で、所有しているQUBの持分に応じて、コアからの補償をしてくれるようです。

 

キューブスキャンでは、キューブチェーンの合意方式とそれに伴う補償システムにも確認することができます。

[キューブスキャントークンリストページ]

 

 

キューブチェーンを活用したトークンの生成も可能です。キューブチェーン生態系拡散のためにトークンを発行し、そのトークンにアプリケーション開発やDAppなどを開発することができます。

その中で利用されているトークンの移動との取引履歴もキューブスキャンで確認することができます。

 

直接キューブチェーンノードの構成に問題がある場合は、キューブのスキャンにより、キューブチェーンがどのように接続されており、いくつかのデータが含まれているかどうかを確認することができます。

(テストネットで行われる送信量は、トランザクション、キューブとブロック、トークンなどは、実際のキューブチェーンメインネットに影響を与えません。)

 

キューブチェーンプラットフォームは、オープンソースを使用していないキューブチェーンのみの独自開発のアルゴリズムで実装されました。

キューブチェーンの姿を長い間待って下さった皆さん!

 

今から一度会ってみましょうか。

 

 

「キューブスキャン」のベータ版を見に行くhttp://testnet.cubescan.io

 

キューブチェーンテストネットのコアが気になる?

Github Cube Chainページ(https://github.com/cubechainofficial/CubeChain)にお楽しみください〜

 

Official Site: http://cubechain.io

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCYDEC2HP8oVRXuKsAeUtrLA

Telegram: https://t.me/cubechain

Facebook: https://www.facebook.com/cubechain

Twitter: https://www.twitter.com/cube_chain

Github: https://github.com/cubechainofficial/CubeChain

Medium: https://medium.com/@cubechainio